災害が起こった時の備蓄用の水として使える!

ボトルの水がそのまま備蓄用になる

ウォーターサーバーは基本的に、サーバーに水が入ったボトルを取り付けて使用する形です。そして、そのボトルをいくつか手元に置いておくと、万が一災害が起こった時には備蓄用の水として使用することができます。災害が起こった場合には、水不足が問題になりやすいです。人が生きるためには水分は欠かせないので、水不足は命に直結する問題です。災害時には自治体や自衛隊などが水を提供してくれることが多いですが、すぐにその提供を受けられるとは限りません。そこでウォーターサーバー用の水を使用すれば、自治体や自衛隊から提供してもらえるようになるまでの一時しのぎが可能です。手元に置いているボトルのサイズや数次第では、数日は持たせられるかもしれません。

災害のことを考えた選択も大事

ウォーターサーバーには色々な種類があり、災害時に活躍しやすいのは重力で水が出るタイプです。災害が発生した際には、電気も止まってしまう可能性がとても高いです。その場合、電気の力でボトルの水を出すタイプのウォーターサーバーは、機能を失ってしまいます。けれど、ボトルを上に設置して重力で水が出るタイプであれば、損なわれるのは水の温度を変える機能くらいで、水を出すこと自体は可能でしょう。また、大きな災害が発生した際には、ウォーターサーバーを置いている場所から避難しなければならないかもしれません。その場合はボトルのみを持ち出す必要が出てきます。そのため、いざという時には直接水が出せるようになっているボトルを選んでおくのも良いでしょう。

ウォーターサーバーの価格は、同じ製品や水の量であっても契約をする業者の方針によって変わることがあります。