水の種類で選ぶ!

赤ちゃんがいる方はRO水を使ったウォーターサーバーがおすすめ

ウォーターサーバーに使用される代表的な水の種類と言えるのが、RO水です。RO水とは逆浸透膜と呼ばれる特殊なフィルターを通じて不純物を除去した水です。塩素など水道水に含まれている成分だけでなく、ごく僅かな放射性物質やダイオキシン、環境ホルモンなどもしっかり取り除いている安全性の高い水と言えます。人の体に良いと言われているミネラルが摂取できないのが難点ですが、実は体が未成熟な赤ちゃんには最適な水なのです。理由としては、内臓が未発達の状態である赤ちゃんがミネラルを多量に摂取すると腹痛や下痢になる可能性があるからです。そのため、赤ちゃんがいる家庭であれば、RO水を使ったウォーターサーバーを選択するのが良いでしょう。

健康志向の強い方は天然水を使用したウォーターサーバーが良い

RO水以外にウォーターサーバーに使われている水の種類として挙げられるのがペットボトルの飲料としても馴染みのある天然水です。「特定の水源又は地下から採取した水を人が飲める状態にした水」がウォーターサーバーで使用される天然水の基本的な定義と言えます。天然水を飲料水として使用するには、沈殿やろ過を行う事で不純物を取り除く必要がありますが、それに加えて加熱殺菌や紫外線照射などによって殺菌処理をしている天然水も多くなっています。天然水のメリットは水と一緒に、人の体に良い影響を与えると言われているバナジウムやシリカといった天然のミネラル成分が摂取できるという点です。そのため、健康志向が強いという方は、天然水を使用したウォーターサーバーを選ぶのがベストでしょう。